離婚の前に探偵に原因の証拠を集めてもらうことが必要になるかも知れないときの依頼の手順。


原因の調査

離婚をすることになったとき、その離婚の原因はなんだったでしょうか。
ある調査によると、離婚の原因には代表的なものが3つあるといわれています。「性格の不一致」、「金銭のトラブル」、そして「異性関係」です。
順に離婚の原因として多いものを紹介しましたが、今回注目することになるのが、「異性関係」です。

法的に離婚をすることが出来る理由、原因というのは定められており、その中には、夫婦の不貞行為があった場合とあります。
不貞行為とは、浮気または不倫を夫婦のどちらからはたらいたことで離婚をする理由として認められているということです。

しかし、浮気や不倫といった行為は夫婦にばれないようにすることなので、気が付くのは難しいこともあります。注意力が強い人、または浮気や不倫をしているが隠すのが下手な人間だった場合には気が付くことがあるかもしれませんが、不貞行為を証明するための証拠を集めるのは大変な労力が必要になります。

そんな不貞行為の調査をしてくれる業者が、探偵なのです。
探偵は、離婚をする原因となった不貞行為の確実な証拠を掴むために調査の依頼をすることで、不貞行為の有無も合わせて調べてもらうことが出来ます。